施術の特徴を押さえて選ぶ|豊胸で美ボディをアピール|来年の夏までに

豊胸で美ボディをアピール|来年の夏までに

女性

施術の特徴を押さえて選ぶ

女性

施術ごとの特徴

にきび跡の治療はレーザーや光治療で行われることが多いようです。にきび跡とは言っても時間の経過と共に少しずつ薄くなっていくタイプもありますが、なかなか治らないなら本格的な治療が必要です。炭酸ガスやエルビウムヤグレーザーを用いて肌の表面を削り取っていく蒸散タイプの治療法があります。照射を行うと水分に反応して皮膚組織を蒸散することでにきび跡を改善していきます。ダウンタイムはやや長めで、数カ月間赤みが残ることもあります。フラクショナルレーザーは、皮膚の深い部分にまで到達させることのできる治療法です。真皮層に点状の照射を行うと熱エネルギーによって細胞が凝固され、皮膚の再生を促すことができます。ダウンタイムの短い方法です。

施術後のお手入れが重要

頑固なにきび跡でも症状に合ったレーザー治療や光治療で改善させることができますが、にきびのできやすい肌質が変わるわけではありませんので施術後にどのようなお手入れを行うのかが非常に重要です。にきびになりやすい人は毛穴が詰まっていることが多いので、日々の洗顔でしっかりと洗い流すことが大切です。皮脂分泌の多い人が詰まりやすいのは有名な話ですが、実は乾燥肌であっても皮脂分泌が増えることがありますので保湿ケアも忘れずに行いたいところです。また、肌代謝が衰えると細胞が硬くなって詰まりやすくなりますので、肌細胞を元気にしてターンオーバーを促すようなケアも必要です。瑞々しい肌細胞が増えると水分を蓄えておく働きも強化されます。